簡単なルールで利益が保証されるわけではない


今回から11回にわたって、14歳から株取引を初めて大きな利益を上げている世界的な投資家、ニコラス・グールド氏が大切にしている「マーケットで勝つ11の哲学」をFXにアレンジしたものをお届けしたいと思います。

さすが成功している人だけあって、その内容は示唆に富んでいます。

第1訓は、利益の保証についてです。FXを学べばそれだけ勝率がアップしていくのは確かですが、それが100%になることは永遠にありません。

努力すれば必勝法が身につくという俗説も流れていますが、それは誤りです。

どんなプロでも損失を出すことはあるので、大切なのは「失敗することもある」という事実を認識することです。

そうすれば、損小利大の法則でトータルで勝つという思考になるはずです。

FXで勝っている人というのは、1つのトレードで確実に勝っているのではなく、勝ったり負けたりしながらトータルで利益を残している人のことです。







コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。