リスク管理が資産を守る


相場には、常にリスクが付き物です。日本人投資家にありがちなのは、買いポジションを保有している状態で起きる急激な円高です。

一定の周期で定期的にやってくる魔物のようなもので、それまでコツコツと積み上げてきた利益を一度の円高変動で失ってしまうことは非常によくあります。

こうした損失の最大の理由は損切りをしていなかったことによる逃げ遅れですが、それ以前に安易にポジションを建ててしまったという一面も否めません。

急に相場が下がったから買いを入れてみたという裁量トレードはよくありますが、それが底値を拾ったどうかという根拠はなかったはずです。

最初から「この水準まで下がったら買う」という投資戦略を立てていて、そこに実際のプライスが到達したのであれば戦略に基づいているので良いのですが、ちょっと下がったからといって底値のつもりで逆張りをしても、まだまだ相場は下落するのが関の山です。

そういった裁量トレードをする際には、必ず損切りを入れて保険をかけてください。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。