戦略は可能な限りシンプルに

FXの勉強をしていると、難しい専門用語に触れることも多いでしょう。

ファンダメンタルズについてもそうですし、テクニカルについても同様です。

こんなに難しいことを理解しなくてはいけないのかと思ってしまいがちですが、本当に重要なのはそうした言葉を覚えることではなく、その本質を理解することです。

本質が理解できていれば、言葉は何でもよいのです。

そこで、売買戦略についても可能な限りシンプルであるべき、とニコラス・グールド氏は説いています。

テクニカルでこういうサインが出ているので、ここは買い、という具合です。

買い注文が成立した後はこのプライスで利食い、反対方向に進んでしまった場合はこのプライスで損切り、ということを決めてしまえば、後は相場の動きを見ているだけで良いはずです。

そこで後から何かとブレたりするのは、最初に立てた戦略に自信がなかったか、その戦略にはいろいろな注釈が付きすぎていてシンプルではなかったかのどちらかです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。