FXにおけるダウ理論はテクニカル分析の基本

ダウ理論はアメリカの証券アナリストであるチャールズ・ダウ氏が作った相場理論で、現在のチャート分析の基本となるものです。
ダウ理論はできた後も様々なテクニカル分析の手法が編み出されてきましたが、このダウ理論の影響を受けているものは多くあります。
それほどに、ダウ理論はテクニカル分析をするうえで知っておくべき理論なのです。
ちなみに、ダウ理論はFXの相場ではなく株式相場を前提にして構築したものであるため、株式市場でしか使えないというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし実際のところ、ダウ理論は株式相場に限定したものではなくFXなど、市場の動きを把握することを必要とする投資の多くに使うことが可能です。
ただし、ダウ理論の考え方がそのままFX市場の把握することに使えるわけではありません。
株式とFXでは市場の読み方やテクニカル分析に必要な要素などにある程度の違いがあるため、ダウ理論をFXで利用する時はFX向きの考え方に置き換える必要があります。
祖の所を理解しておけば、ダウ理論はFX取引に有効利用することが可能です。


ダウ理論は相場理論の基本というだけあって、多くのFXトレーダーも当たり前のように知識として知っており、相場分析に利用しています。
それは、ダウ理論は市場参加者達の心理をするためには欠かすことができない存在だからです。
相場は市場参加者の多数派の意志によって動きます。
そして、その市場参加者のほとんどがダウ理論を知っているということは、市場では何が起こるでしょうか?
ダウ理論に基づいて市場を見ているトレーダーが多数いるということは、相場はダウ理論を意識した動きをしやすい傾向にあるということです。
従って、ダウ理論はもともと相場の動きを分析するために構成されたものですが、その知名度の高さゆえに有効性がさらに高まっているといえます。
ただし、だからといってダウ理論さえ知っていれば必ず勝てるとは限りません。理論はあくまでも理論であり、実際の相場は想定とは違う動きをすることも多くあります。
しかし、ダウ理論は他のトレーダーの考え方や取引における攻防のポイントを把握するためには欠かすことができず、これを知っているか知らないかで戦略に差が出ることは間違いないでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。