ダウ理論を構成する6つの基本法則「チャートだけに集中する」2

ファンダメンタルズ分析はチャートからは読み取ることができない情報を補完するのに便利であるため、効果的に使うことができれば相場分析の役に立てることができます。

しかし、ファンダメンタルズ分析を使うことはおすすめしないパターンもあります。

それは、ファンダメンタルズ分析についての知識が中途半端な状態で、「このようなニュースが出たから、市場は絶対にこのように動くはずだ」と思い込み、チャート分析よりもファンダメンタルズ分析を優先したトレードをしてしまうパターンです。

なぜこのパターンが良くないかというと、当たればうまくいくこともありますが、経済や外交状況などといったファンダメンタルズ分析は絶対ではなく、分析結果とは逆方向に市場が動くこともよくあるからです。

ファンダメンタルズ分析自体は有効なものですが、チャートには市場の動向がダイレクトに表れているので、ファンダメンタルズ分析がチャート分析を邪魔してしまうくらいなら、チャート分析だけに集中した方が市場動向を把握しやすくなることが考えられます。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。