FXで利益を伸ばすための、利食いと損切りの範囲決め方

FXで利益を伸ばすためには、勘でトレードをしているままでは難しく、しっかりとした考えのもとにポジションを保有することが重要となります。
その証拠に、利益を伸ばすことができているトレーダーほどしっかりとした考えのもと、利食いや損切りのラインを決めてポジションを保有している傾向があります。
ただ、この2つを決めることは初心者にはなかなか難しく、経験者にとっても簡単なことではありません。
損切りが浅すぎて少し下がっただけで決済になってしまったということもあれば、損切りは浅かったけれど相場が自分の予想通りに動いたために、利益を得ることができたから損切りしておいて良かったということもあります。
一方で、損切りを深く設定してみたら市場が予想と反した動きをし続けて、結局損失が拡大したということもあります。
このように、利食いと損切りの設定は難しいため、どのように決めれば良いのか、今後の配信でいくつかポイントをご説明していきたいと思います。


利食いと損切りの設定がうまくいかない場合は、利食いや損切りの範囲の設定が狭すぎることが原因であることが多いように感じています。
例えば日足のチャートを見て、上昇していくと予想してロングポジションを取ったと同時に利食いと損切りの発注をしたとします。
自分の予想としてはこれで大丈夫だと思っていたのに、数時間後もしくは数時間もしないうちに損切りラインに達してそのまま決済となってしまう経験は、誰でもあるのではないでしょうか?
為替市場が高騰や下落などを起こしておらず、特に激しい動きが無い時に先に述べたような損失確定となった場合は、損切りラインが浅すぎたと考えて良いでしょう。
損切りラインの決め方は人によって異なると思いますが、チャートを見て前日や以前からの上値や下値から予想して決めることはなかなか難しいように感じています。
そこで、利食いと損切りの範囲を決める方法として、ポジションを保有しようと判断した時に重視したチャートの時間を参考にすることが考えられます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。