順張り

相場に対する戦術には大きく分けて2つの種類があります。ひとつは順張りで、もうひとつは逆張りです。それぞれ真逆の戦術なので、今回は順張りから解説します。

順張りとは、トレンドが発生している時にそのトレンドに乗っかる形で相場を張ることです。上昇トレンドの時であればそれに乗っかって買い、下落トレンドの時は売りといった具合です。

はっきりとトレンド発生が確認できている時であれば、最も安全確実な戦術だと言えます。投資家の多くがこの戦術をとっているので、トレンドが発生したら加速度的に相場が進むことが多くなります。「赤信号みんなで渡れば怖くない」という精神が相場にも生きているので、FXは大多数の人が向かっている方向に一緒に進むのが王道です。

ただし、トレンド相場になっている時は有効な順張りですが、これがレンジ相場となると逆張りの方が効果が大きくなります。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。