逆張り

前回に解説した順張りの反対が、今回解説する逆張りです。相場がどこかで反転すると見た場合、その反転しそうなポイントに現在の値動きと反対方向の注文を置くという戦術です。

下落が続いている相場がまもなく上昇に転じると思えるのであれば、その反転するポイントに買いを入れておきます。これが見事にはまると値動きの大部分を取ることができるため、かなり大きな利益になります。

すでにレンジ相場について解説をしましたので、それをお読みになった方は「レンジ相場に使えるのでは?」とお感じだと思います。まさにそれが正解で、レンジ相場のように相場が反転するポイントが分かりやすい時には、それぞれの上限、下限での逆張りが非常に有効です。

筆者は順張りよりも逆張りを好む傾向がありますが、成功する時は利益が大きいものの、相場が反転すると思っていたところをブレイクしてしまうと負けなので、勝率はあまり高くない戦術だというのが実感です。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。