支持帯、サポートライン

逆張りを考えている投資家にとって、その相場がどこで止まるのかは最大の関心事です。それを知るヒントになるのが、支持帯またはサポートラインと呼ばれるポイントです。

直近の最安値やキリのいい数字など、何らかの節目があるところでは多くの投資家が「このあたりで下げ止まるのでは?」と考えることでしょう。そう考える投資家が大多数になると、その支持帯が機能をして本当に下げ止まります。

他にも一目均衡表というチャートの雲や、ボリンジャーバンドの下限など、テクニカルチャートの中にも支持帯を示すものがたくさんあります。

こうした証拠がいくつも重なることによって、支持帯は一層信憑性が強くなっていきます。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。