抵抗帯、レジスタンスライン

前回に解説をした支持帯(サポートライン)の反対語が、今回の抵抗帯(レジスタンスライン)です。上昇トレンドにある相場が跳ね返されるので、上値抵抗とも呼ばれます。

上昇トレンドの終了を確認してから売りの注文を入れることを戻り売りといいますが、戻り売りの逆張り戦術を成功させるには、どこで相場が上げ止まるのかを知らなければなりません。そのヒントとなるのが、この抵抗帯です。

抵抗帯として意識されやすいのは、直近の最高値やボリンジャーバンド、一目均衡表の示唆などです。他にもローソク足の形状を見て抵抗帯への到達を確認する方法もありますが、それは後程解説します。

地球には引力があります。下げ止まるよりも上げ止まるほうが引力の作用で簡単なように感じるのは感覚的なことですが、筆者の体感では実際に上値抵抗のほうが分かりやすく機能しているように思います。

そのため、上値抵抗が強く意識される相場展開では大胆に戻り売りの注文を入れて、快心トレードとなったことが何度もあります。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。