資源国通貨の特徴

通貨別の特徴解説、今回は資源国通貨です。別名、コモディティ通貨とも呼ばれています。資源の輸出が活発な主要国の通貨で、FXでよく見かけるのは豪ドルやカナダドル、その他には鉱物資源の輸出が盛んな南アフリカランドなどが挙げられます。

こうした国の経済は資源の輸出が主な産業となっているため、資源価格の影響が通貨の価値にも及びやすい地合いがあります。では資源価格が下がる局面とはどんな局面なのかといいますと、アメリカや中国など大量に資源を消費する国の経済情勢です。特に豪ドルと中国経済との相関関係は有名で、オーストラリアから中国への鉄鉱石輸出が経済の一角を占めていることがよく分かります。つまり、中国の経済指標で悪い数字が出ると豪ドルが下がる、といった具合です。

共通しているのは、資源国はそれほど経済規模が大きいわけではないので、その資源のお得意様がどうなっているのかという要素の方がレートに反映しやすいということです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。