ループ注文

前回ご紹介したような完全自動売買ソフトだと自分の大切なお金を任せることに抵抗を感じる方もおられるでしょう。そこでセミ・オートマとも呼べるようなループ注文について解説したいと思います。

そもそもの発端は、マネースクウェアジャパン社の「トラリピ」です。これが元祖となり、各社がこぞって同種のシステムを開発し、「ループ・イフダン」や「アイサイクル」などが続々と登場しました。

これらループ注文は、相場上の等間隔に注文をずらりと並べ、そのどれかにヒットしたら次にまたずらりと並んでいる決済注文に引っかかるのを待つ仕組みになっています。そして注文に引っかかって決済となったら即座に次のエントリー注文をずらりと並べて・・・というサイクルを延々と続けるシステムです。

FXは小刻みに上下をしながら上や下に向かっていく習性があるので、それを利用した仕組みです。

相場が上昇か下落かを選ぶだけで後はループ注文が数えきれないほどの回数のトレードをこなしてくれるので、自動スキャルピングのようなことができるようになります。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。