逆指値注文

前回解説をした指値は相場が投資家にとって有利な方向に進んでいる時に発動するものですが、その逆の場合に指値注文を使う場合もあります。それが、逆指値です。

例えば相場が下がっている時に売る、上がっている時に買うといったように相場の投資家にとっては不利な決済をする場合によく用いられます。

逆指値が最もよく発動されるのは、損切りです。ポジションを建てたものの思惑通りの方向に進まなかったのでさっさと手仕舞いしてしまいたい、といった時に逆指値で損切りをしてしまいます。

その他にも利益が出ているポジションでさらに大きな利幅を追いたいものの、ガクンと下がってしまってせっかく出ていた利益がなくなってしまったらもったいないので、一定のところで利食いをするように決済注文を置いておくといった場合があります。大きな利益は逃したものの、最低限の利益は確定できるので有効な戦術です。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。