レンジ相場

トレンド相場と双璧を成すのが、レンジ相場です。

FXではとてもよく見られる展開で、トレンド相場よりもレンジ相場で利益を出すことが得意という人も少なくありません。

レンジ相場とは、ある2つのポイントをレートが行ったり来たりすることです。そのレンジ相場が続いている限り値動きの上限と下限が分かるので、これほど儲けやすい展開はありません。レンジの上限に来たら売り、下限に来たら買いということを繰り返すだけなのですから。

しかし、現実はそう甘くはありません。レンジ相場になっていたとしてもだんだん投資家のエントリーや利食いが早くなってくるので、それに伴ってレンジの幅が小さくなってきます。レンジの幅が小さくなってくると上にも下にも行きづらい相場展開となり、下手にレンジを信用しすぎると痛い目に遭うことになります。

レンジ相場の基本は上限よりも少し下、下限よりも少し上というように欲張らずに勝ち逃げを決め込むことです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。