揉み合い相場


トレンド相場、レンジ相場ともうひとつの相場展開としてよくあるのが、揉み合い相場です。「揉み合い」だけでなく「持ち合い」と呼ばれることもあります。トレンドでもなくレンジでもなく、上下に動きが出にくい相場展開のことです。

FXに限らず相場が上にも下にもいかないというのは売りと買いのボリュームが同じだからです。こうした状態の時は、投資家も次はどういう展開になるのかを考えあぐねている様子が伺えます。

逆に考えると揉み合いになっている相場では投資家のエネルギーがどんどん溜まっている状態なので、それがひとたびある方向に進み始めると動きを確認した投資家からの注文が殺到し、一気に大きなトレンド発生となる展開がよく見られます。

つまり、揉み合いになっている時は様子見が基本で、それがひとたびどちらかに動いたらトレンドに付いていくというのが最も確実な戦略です。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。