FXのメリット 売りエントリーその3

通貨ペアは常に2つの通貨がシーソーゲームのように、どちらかに傾きながら変動しています。このことは外為市場、ひいてはFX投資をしていく上でとても意味のあることなので、売りエントリーの面白さと合わせて解説します。

リスクオンとリスクオフという言葉を聞いたことはないでしょうか。地政学リスクや信用不安など、世界の投資家がマネーゲームに使える資金が少なくなってくるとリスクオフといって、世界の投資マネーは安全な投資先に移動します。今は日本円がその逃避先として長らく認識されているので、世界で何か不安定になるようなことが起きると円買いが起きて、対ドルや対ユーロなどで一斉に円高となります。こうした場合はドル円やユーロ円の売りエントリーが非常に効きますが、いずれも米ドルやユーロが売られる要因があるわけではなく、単に「安全な日本円で持っておきたい」という思惑が先行しているだけです。

つまり、リスクオフという言葉が囁かれるようになると主要通貨ペアで円買いが起きる=売りエントリーのチャンス到来となります。

ここまでは信用不安などによるリスクオフから、ドル円やユーロ円の売りエントリーについて解説しました。このリスクオフとは逆のリスクオンとは、世界中の投資マネーが潤沢に流れていて少々リスクをとっても大きなリターンを狙うようなところにお金が流れている時のことを言います。

今ではあまり聞かれなくなりましたが、記録的な円安が進んでいた当時、日本国内のFXブームの火付け役にもなった相場展開の時には円キャリートレードが世界中で起きていました。史上空前の低金利が続いている日本で円を調達して、その円で外貨を買うという投資のことです。日本人投資家以外にも円売りをする投資家が急増したので、あれだけの円安になったのです。これは世界中がリスクマネーを潤沢に持っている時でないと有効ではないので、その後はあまり見られなくなっています。

つまり、今は全体的にリスクオフの流れが続いているということです。さらに言うと、円がらみの通貨ペアでは売りエントリーのチャンスが断続的に続いているということです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。