FXで勝つための正攻法 逆張り4

前回は逆張りの有効なエントリーポイントとしてサポートとレジスタンスをご紹介しましたが、逆張りをしたくなるポイントは他にもあります。

今回注目したいのはボリンジャーバンドです。FX投資家からも人気の高いテクニカルチャートで、順張り、逆張りの両方にとても使いやすいチャートとしても知られています。

ボリンジャーバンドにはバンド幅という帯のようなものが示されていますが、このハンド幅の上限と下限(それぞれプラス2σ、マイナス2σといいます)にレートが近づいた時には「これ以上の値動きはない」と見る投資家が多いので、そこで相場が反転するシーンが多々見られます。

もちろんこれはバンド幅が拡大している時は大幅な値動きが起きている時なので精度が落ちますが、そうではなくバンド幅が一定の幅を保っている時にはかなり正確なエントリーポイントとなります。

(つづく)




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。