FXで勝つための正攻法 逆張り6

一目均衡表は名前の通り相場のさまざまな示唆を読み取ることができる万能型のテクニカルチャートとして知られていますが、筆者は特に逆張りに多用しています。

前回は雲の上限と下限それぞれの外側をレートが変動している時の抵抗について解説しましたが、今回は雲の中です。雲の中にレートが推移している時は特に一目均衡表の真価が発揮されるので、それもぜひ覚えておいていただきたいと思います。

2本の先行スパンの中にレートが推移しているということは、相場が方向感をどちらに持つかせめぎ合っていることを示します。

まだ上に行くか下に行くか相場が決めかねている状態です。そんな時は相場のエネルギーも弱いので、雲の上限や下限にタッチすると簡単に反転してしまう場面が多々見られます。

普段よりも相場の反転ポイントが分かりやすい、つまり逆張りのエントリーをしやすいことになるので、一目均衡表の雲の中にレートが推移している時は積極的に逆張りを狙ってみてください。

ただし、相場のエネルギーが弱いということは一方的なトレンドに発展する可能性も低いので、そんなに値幅は取れないので欲張らずに。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。