FX 確定申告

FXで利益がでた場合は、確定申告をして税金を納める必要があります。確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間に得た所得の金額と、その所得に対する所得税、復興特別所得税の額を計算して、申告期限までに申告を行うことです。

確定申告は税金の過不足を精算する手続きであり、源泉徴収された所得税額と予定納税を行なった所得税額で、税金を払い過ぎた場合、その分が還付金となって戻ってきます。

FXで得た利益は雑所得として扱われるため、自分で計上して納税する必要があります。毎月1月1日から12月31日までに得た所得を計算し、翌年の3月16日までに専用の用紙に必要事項を記入して、税務署に提出しなくてはならないのです。

確定申告は税理士に依頼して行う方法もありますが、その場合手数料がかかります。そのため、FXの個人投資の場合、自分で確定申告用の書類を作成する人が多くいます。

確定申告の書類の記入方法や計算方法は、インターネット上などで解説を見ながら行う方法がありますが、FX会社の中では、無料で確定申告を行うためのセミナーを行っているところもあります。参加できる地域などでセミナーがある場合は、うまく活用しましょう。

なお、FX投資家でも年収2,000万円以下でFXで得た利益が20万円以下の場合など、年収と利益の大きさによっては確定申告が必要ないため、確定申告を考える場合は、自分が必要かどうかも確認しましょう。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|