1万円から始めるFXと含まれるリスク

株式投資はある程度のまとまったお金が必要ですが、FXはなんと、1万円程度の資金から投資を始めることができてしまいます。

投資をしてみたいけれど、まとまった資金を用意することが難しい方にとっては朗報ではないでしょうか?

FXとは、外国為替証拠金取引のことを指します。この取引では少額を証拠金とすることで、証拠金の何杯もの資産を運用できるという特徴があります。

これはつまり、1万円の証拠金でも数万円や数十万円の為替を資産運用することができるということです。

取引できる資金はその時の為替によりますが、おおまかにいうと4,000円から5,000円程度の資金でレバレッジの最大である25倍をかければ、1,000通貨ほどのUSドルを運用できることになります。

例えば、1ドルが100円の時に取引を開始したとすると、1ドルが101円まで上がると1,000円の利益が発生します。

逆にレートが1円下がれば1,000円の損失になります。

利益額や損益額が1,000円だと少額に感じるかもしれませんが、元の資金が4,000円から5,000円と考えると、1円動くだけでも影響が大きく、リスクが高いとお分かりただけると思います。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。