FXで勝つための正攻法 ストップ狩り

今回と次回は、正攻法の中でも他力本願と言えるような戦法を解説したいと思います。今回はストップ狩りで、次回はオプションバリアーです。いずれも投機筋と呼ばれる巨額の資金を売買している勢力の動きを見極めて、その動きに乗っかる戦法です。

ストップ狩りについては、いわゆるレンジブレイクやサポート、レジスタンスを突破した時によく起きる動きです。ドル円が110円を上限にレジスタンスとなって何度も跳ね返されている時に、その上にあるストップ注文を引っかけるために投機筋が大量の買いを浴びせることがあります。それが機能して上方ブレイクすると一気に数円単位で上昇するので、その動きに乗っかってまんまと儲けるというわけです。

具体的な注文の入れ方は、なかなか突破しないサポートやレジスタンスから少し離れたところに置く逆指値です。ブレイクしなければ約定もせず損得ゼロなので、安全性も高いのでお勧めです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。