FXで勝つための正攻法 投機筋という存在について

前回に続いてオプションバリアーを活用した正攻法の解説です。一般の投資家にとって投機筋の動きは注視すべき対象なので、チャートを観察する次に見ておくべきだと思います。

前々回にはストップ狩り、前回にはオプションバリアーについて解説しましたが、こうした動きはいずれも投機筋が仕掛けてくるものです。株式の世界では仕手集団と呼ばれるような勢力がやっていることをFXの世界では投機筋と呼ばれる人たちがやっているわけです。

チャートやファンダメンタルズによる分析はもちろん最も重要なのですが、そういった分析をした投機筋がどう動くのかというのも、それに乗っかる価値が高いので見ておくべきです。シカゴIMMポジションというデータは過去の動きを見るものですが、そこから派生する傾向を知る意味では見る価値があります。

極端な話、FXの最もメインプレイヤーである投機筋の動きさえわかれば他の相場分析を全くしなくても勝てる可能性は十分あるのです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。