FXで勝つための正攻法 順張り4

トレンド発生中にうまく建てることができたポジションをどこで利食いするか。特にFX初心者の方は利食いで失敗することが多いので、なおさら知っておいていただきたいことがあります。

よくある失敗として、含み益が少しでも出た時点で予定よりも小さい値幅で利食いをしてしまうというパターンがあります。利益が出ているので失敗ではないかも知れませんが、FXは損小利大が基本なのである程度利益は取っておかないと損切りなどで失う分をカバーできなくなります。

しかも、しばらくチャートを見ておらず、チャートを見れる時間ができたからとポジションのチェックをしたら利益が乗っていて、その場で利食いというパターンが最も良くない流れです。

なぜなら、相場の流れを全く見ておらずもしかしたらその後もっと含み益が大きくなるかも知れないチャンスを自分から逃しているからです。

エントリーの際にIFOやOCOで決済注文を入れているのであれば、その注文がヒットするまで放置が基本です。では、エントリー時に利食いの注文を入れていない場合はどうすれば良いのでしょうか。利食いポイントを探すことも含めて次回解説します。

(つづく)





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。