FXで勝つための正攻法 順張り5

利益が乗っているポジションの利食いは、基本的にそのトレンドが転換するところです。それが最初から分かっていれば苦労はないので探すのは容易ではありませんが、考えられるのは「前回高値(または安値)」「エリオット波動の第5波が到達する付近」などが有効です。

これらのポイントがエントリー時に分かるのであれば、あらかじめ決済注文をIFDで入れておきましょう。

それが分からない場合は、「押し目」が目安になります。上昇トレンドの例で解説すると、トレンドが一度一息ついて下落した際、上昇を開始したポイントと直近の高値の間にある38.2%のフィボナッチリトレースメントで下げ止まらないようであれば、それはトレンドの終焉です。

そこで再び上昇をするようであれば押し目の確認が終わったということで、前回高値よりも高値を付ける可能性大です。よって、前回高値を少し超えた付近に利食い注文を入れるのが正解です。

もし押し目で終わらず相場が下落に向かうようであれば、成り行きですぐにポジションを決済してしまいましょう。

(つづく)




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。