FXで勝つための正攻法 順張り6

前回まで、順張りの基本的なエントリーと利食いについて解説してきました。

ここで想定したのは「順張りがうまくいった」場合ですが、必ずしもそうなるとは限りません。いくらトレンドが力強いものであっても、エントリーした直後にトレンドが終わってしまうことも十分考えられます。順張りがうまくいかなかった時の対処法についても知っておきたいところです。

エントリーしたポジションがうまくいかなかったと思った場合は、迷わず損切りしてしまうのがベストです。そうなると問題は、いつポジションが失敗に終わったと判断するかです。

前回までの解説で一時的な反対方向への値動きについて述べました。一時的には含み損が出てもトレンドが発生している時であれば思惑の方向に進むとも述べましたが、そうならなかった時に想定外となってしまわないための逃げ道を作っておきましょう。

最も良いのは、エントリーをした時に発生しているポジションのスタート地点です。理想的なのはそこより少し下で、そこを下回るようであれば容赦なく損切りというスタンスです。

(つづく)





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。