FXで勝つための正攻法 順張り7

前回に続いて、順張りがうまくいかなかった時の損切りについてです。損切りはできればしたくないことですが、これをしなかったばかりに大きな損失を出してしまうという例は数えればきりがありません。

外為相場は行ったり来たりして動く特性があるので株のように下落を続けて最後は紙くずということがなく、それゆえに「いつかは値が戻る」という根拠のない神話を信じてしまい、さらにポジションの損失が拡大するというパターンは非常によく見られます。

順張りの場合は失敗した時の損失が大きくなりにくいのも初心者の方々にとって大きなメリットだと思いますが、損切りをためらうと大損につながることには変わりはありません。

そこでオススメしたいのが、機械的なルールを設けてしまう戦術です。最初に「何%の含み損が出たら自動的に損切り」といったように決めてしまえば、難しく考えることなく相場が反対方向にある程度行った時点で自動的に手じまいです。

とてもドライで裁量トレードの良さが出ていないようにも見えますが、実はこれが最も確実だったりします。

(つづく)



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。