損切りを両建てで回避できる?

含み損が出ているポジションがある時、特に相場が一方向に進んでいる時は含み損もどんどん拡大していきます。最初から損切りのストップ注文を入れていなかったのであれば、どこで損切りをするかいう判断を迫られることになるでしょう。

そこでひとつの秘策として、両建てを活用する投資家がいます。両建てとは異なる方向のポジションを両方持つことで、例えば買いポジションを持っているのに相場が下落して含み損になっているのであれば、さらに下落すると踏んで売りポジションを同時に建てるという戦術です。

そうすれば含み損が拡大していっても、もう一方の売りポジションの含み益が拡大するので差し引きするとゼロです。同じ価格でポジションを建てられなかったとしても、損失を最小限に食い止める働きがあります。

この方法で損切りを回避できるという考えもあるのですが、ちょっとナンピンに似ているところがあって、ここまでやるのであれば損切りをした方が良いのではないかというのが私の意見です。

もし売りポジションを建てて今度は相場が反転したのであれば、両方のポジションで中途半端に損失を出してしまうことでしょう。

両建てで損切りを回避するというのは、あまりおすすめはできません。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。