FX 税金

FXで利益がでたとき考えなくてはならないのが税金です。というのも、FXで利益が出た場合は、確定申告を行って税金を支払わなくてはならないためです。FXで利益がでたとき確定申告を行わずにいると、無申告加算税や延滞税が課せられることがありますし、さらに脱税という罪になってしまう場合があります。

しかし、FXで利益が出ても必ずしも確定申告を行わず、税金を支払わなくてもよいケースもあります。

例えば年収2,000万円以下で、給与所得以外の所得が20万円以下の場合、そして2.専業主婦や無職で、所得が年間38万円以下の場合、パートとして働いていてその収入が年間65万円以下で、その上FXなどの所得が38万円以下といったケースでは確定申告を行って税金を支払わなくてもよくなります。

つまりFXでお小遣い稼ぎ程度の利益を得ているだけの場合、多くの人が税金のことを考えなくてもよいということです。

FXで大きな利益が出た場合、税金のことを考える必要がありますが、その際、FX取引会社によって税率が異なることを知っておいた方がよいでしょう。

FXの取引には、東京金融取引所に上場する「くりっく365」とFX会社が直接取引をする2種類のケースがあります。そして「くりっく365」では申告分離課となり、税率が一律20%なのに対して、FX会社が直接取引をする場合、税制は総合課税となり、税率も15%~50%と所得金額によって異なります。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|